インターベンション医師としての挑戦

昨日は 7:30AMよりカンファランス、そして 8:30AMより TAVIカンファランス、そして 9:30AMより実際のTAVI治療の入りました

非常に難しい症例で、予測できないことが起こりましたが、ハートチーム全員の力を合わせ、何とか乗り切ることができました

そして、12:30より予定のPCIに入ったのです 患者さんは若い方ですが、二枝慢性完全閉塞の三枝病変の方であり、これまでに他院で何回かPCIを行われましたが、右冠動脈や左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞に対しては無力でした 今回はその内の一つの病院よりご紹介となったのです 見るからに非常に難しそうな慢性完全閉塞でした 左冠動脈前下行枝を最終的に開けねばならないと思いますが、そのためにもまずは右冠動脈の慢性完全閉塞を開ける必要があり、昨日はそこがターゲットでした

右の経橈骨動脈的冠動脈インターベンションで入りました 7Frです そして、Conus branchにballoon anchoringを行いながら、RV branch -> epicardial collateral -> #4AVのルートを攻め、そして、さらに同じガイディング・カテーテルをそのまま用いて順行性にも攻め、最終的には右冠動脈の#2 – #3の長い慢性完全閉塞を開け、薬剤溶出性ステントを植えこむことができました

予想していた通り、その後右冠動脈末梢から中隔枝経由の左冠動脈前下行枝への副血行路が出てきましたので、今度はそのルートを用いて左冠動脈前下行枝の慢性完全閉塞を開けるつもりです

手技中、7Fr guiding catheterの中に、2.5mm balloon (+ wire) + Corsair + Finecross (or 1.0mm balloon + wire)が同時に入っていたのですが、可能でした これも新しい発見でした

そして、手技終了(14:00には終了したのです 早いでしょ!!)した後、今度は BAVに付き合い、そして外来診療をしたのです

その後、急いで羽田空港に向かい、 20:00発の ANA便で千歳空港に飛んできました そして、札幌に泊まったのです 流石に疲れが溜まってきました

今朝は、札幌で起床し、 7:15AMには札幌東徳洲会病院心臓センターに出かけやはり 7:30AMよりのカンファランス、そして 8:45AMより「次世代のPCI」となるべく新たな deviceの治験登録を行いました 全部で 13例の患者さんの治療を途切れること無く行い、14:00には全例終了したのです これも皆、札幌東徳洲会病院心臓センターの僕の部下達・仲間達、そしてコメディカルのみんなのお蔭です お蔭様で、このdeviceに関する日本国内治験の患者さん登録は開始から何と一ヶ月という超スピードで終了しました このdeviceが使えるようになれば、PCIの手技そのものが大きく進歩し、患者さんの多くに対して福音となることでしょう

終わりに皆で写真を撮りましたので掲載します 今は羽田に戻るため、千歳空港ラウンジにいるのです 17:00の便で戻ります

治験登録全例終了
治験登録全例終了

昨日は

昨日は例によって早朝からカンファランス そしてそのまま外来診療でした そして、16:30に病院を出発し、つくば市での講演会演者にお呼ばれし、タクシーで出かけました

都内を抜けるのはやはり渋滞の中であり、結局会場の Hotel Okura Tsukubaに到着したのは 19:15頃となっていました 僕の出番は 19:40頃からであり、約1時間の講演を行わせて頂きました

その後、数名で奇麗な和食のお店に行き、結局 23:45頃まで楽しく歓談させて頂きました 色々と知らないことも多く、大変勉強になりました

それからまたタクシーで鎌倉の自宅に戻ったのです 自宅到着は 1:30AMぐらい、それから少しお仕事してから床に着いたのは 2:00AMを回っていたでしょう

そして今朝も 6:50AMに病院に到着し、仕事に入りました

2nd Greater China TRI Workshop

11月15日土曜日は、台湾高雄にある長庚記念病院(Chang-Guang Memorial Hospital)において、Greater China TRI Workshopを開催しました この会は、同院で過去7-8年行われてきた TRIのライブデモンストレーションを昨年より模様変えしたものです

従来のTRIライブデモンストレーションでは、足の便もあり、それほどたくさんの人々が集まらなかったのです 僕は最初から主催者として企画してきたのですが、それに限界を感じていました テコ入れのためもあり、何人かの日本人 Facultyも招待したりしたのですが、それでも状況は変わりませんでした

このため、昨年からは、Greater Chinaと銘打って、台湾のみならず、香港、中国大陸、そしてシンガポールまでも巻き込み行うことにしたのです 昨年の第一回は香港で開催しました そして、今年は長庚記念病院の呉(Wu)先生の強いご希望もあり、長庚記念病院で開催したのです

2nd Greater China TRI Workshop
2nd Greater China TRI Workshop

8:00AMにホテルを出発し、まずはカンファランス室に行き、本日のスケジュールの確認と、症例の確認をしました 僕には、朝一番の講演、さしてそれに引き続いて午前中はずっと座長、そして昼からは2例の慢性完全閉塞症例の治療でした

何しろ全部で8例の慢性完全閉塞症例が準備されていたのです それを3つのカテ室からライブデモンストレーションをしたのです

午後最初の症例は左回旋枝近位部の慢性完全閉塞であり、35歳の若い男性です もともと三枝病変であり、9月に BVS (完全生体吸収性薬剤溶出性ステント)を5個用いて、右冠動脈と左冠動脈前下行枝の狭窄病変の治療が為され、今回は左回旋枝の慢性完全閉塞です 両側TRIで入りました 非常に体格の大きい方で EBU4.0でもなかなかであり、backupが得にくい方でした また左主幹部は非常に太く、そこから鋭角に回旋枝が分岐しているため、その意味でも wiringが困難でした

左回旋枝慢性完全閉塞
左回旋枝慢性完全閉塞

これに対して、対角枝からのretrograde accessを狙ったのですが、左冠動脈前下行枝のその部位にはBVSがしっかりと入っており、ワイヤーを対角枝に通すことも大変で、それだけで10分かかってしまいました 造影すると、その対角枝からの副血行は、非常に蛇行し、コルク栓抜き様 (Cork-screw)でしたので、ワイヤーは通過させられるか否か分かりませんでした 案の定、暫くワイヤー通過を試みている間に、副血行は完全に閉塞し、血流が無くなってしまいました 仕方なく、順行性を狙ったのですが、ワイヤー操作困難であり、また遠位が何処かも分からなくなっており、暗い気持ちになりましたが、ふと気が付くと、対角枝からの副血行が回復していたのです それで、Sionを用いて再度トライしたところ、見事にこの蛇行した副血行を通過し、マイクロカテーテルが左回旋枝慢性完全閉塞の遠位真腔に入ったのです

そこてらまたかなりの苦労をして両側アプローチを行い、ようやくワイヤーを externalizationすることに成功し、最後は薬剤溶出性ステントを3つ植え込んで別人のようになりました

左回旋枝慢性完全閉塞薬剤溶出性ステント植え込み後
左回旋枝慢性完全閉塞薬剤溶出性ステント植え込み後

少し休んで引き続き、二例目に入りました この症例は、冠動脈バイパス手術を 2002年に行い、右冠動脈へのグラフは閉塞、右冠動脈の長い慢性完全閉塞が targetでした 両側TRIで入り、左回旋枝の小さな枝より逆行性にマイクロカテーテルを右冠動脈慢性完全閉塞末梢真腔に持ち込みました

右冠動脈近位部からの長い慢性完全閉塞
右冠動脈近位部からの長い慢性完全閉塞

しかし、病変が固い!! 非常に固い!! ワイヤーをどんどん escalateしていき、最終的に逆行性には Conquest-Pro9をそして、順行性には Conquest-Pro12を用いて何とかワイヤーの externalizationに成功したのてす

ワイヤー操作は非常に大変であり、またガイディング・カテーテルの固定もものすごく悪く、アンカーを巧みに利用しながらの手技でした 呉先生も興奮され、助手に入られました

呉先生との手技
呉先生との手技

そして、最終的には 48mm x 2.5mm DES, 3.5 x 28mm DES, 3.5 x 24mm DESを植え込んで奇麗な出来上がりとなったのです ものすごく困難な症例でしたがやりきりました

右冠動脈慢性完全閉塞薬剤溶出性ステント植え込み後
右冠動脈慢性完全閉塞薬剤溶出性ステント植え込み後

大変な手技でしたが、成功裏に終了し、皆喜びました そして記念写真です

看護師さん達と
看護師さん達と
助手をして下さった先生方と
助手をして下さった先生方と

いやあ今回の Workshopはすごかったですし、参加者皆喜んでいました 僕自身も全力に近い力を発揮でき、とても嬉しい思いでした

この日は 19:30よりホテルでパーティーがあり、その後は 22:00過ぎに疲れて眠りました

そして、翌朝日曜日は、 7:00AM Kaohsiung発成田空港行きの ANA便で帰国したのです とても有意義な旅でした

初めてのアモイ (廈門)

昨日は早朝鎌倉を発ち、成田空港よりANAのアモイ便で中国福建省アモイ市(廈門市; Xiamen)に来ました 到着したのは既に 14:00でした 日本を出発する時に衝撃的で信じられないことが発覚し、どのように心を鎮めるか、それのみに集中していました

空港より廈門市第一病院に直行し、既にPCIをこれから始めるには時刻が遅すぎるため、院内で講演のみを行いました

アモイはかつてイギリスに占領され、その面影が街の至るところに残っています(とは言っても街を回った訳ではないのですが) 現在は占領下時代の多分苦しい歴史もその現在のエキゾチックな街並に飲み込まれ、平和な時が刻まれています

時代の流れに逆らって自分が壊れそうになりながらの瀬戸際で頑張ることもできるし時には必要でしょうが、時代の流れに飲み込まれ、それと共に流されて生きるのも幸せの一つのあり方かも知れません 昨日の一日でそのようなことを考えるようになりました

もう時間がありません これから台湾にフェリーで渡ります

不思議不思議訳がわからん – Unixtimeなどなど

今 Global Clinical Trialを走らせていますが、そのe-CRFは僕自身で一人でゼロからプログラムを書きました サーバー側は PHP + SQL (MySQL)で書き、クライアント側は HTML + CSS + Javascript (jQuery)を用いて書いています

PHPの Frameworkは一切使用せず native codeで書いています

その作成段階で、世界中からアクセスされるとすれば、それぞれの現地時刻と、統一時刻(例えば グリニッジ標準時など)をどうするか? という問題に一人悩みました インターネットの世界では Unixtimeという秒数が標準時刻となっているのですが、それで行った場合に、各国のクライアント側ではどうなるのか? あるいはローカル時刻を入力した時に、サーバー側ではどのようになるのか? 一体全体時差は吸収されるのか否か? そのような疑問に突き当たりました

そして、色々と試してみると、どうやらこの変換は自動的に行われるようである、と分かりました 逆に言えばわざわざ Javascriptを用いて クライアント側のローカル時刻を求めて、それを計算により変換する、などというややこしい操作は必要無い、ということになりました

この過程でどうしても訳が分からなくなり、大分と悩みました

あ・し・が・い・た・い

先日のハイキングはハードでした 両足から腰にかけて筋肉痛がひどい 歩くのにも難儀するほどです しかしながら あの「まんだら堂やぐら群」はすごい 目の当たりにした時の感激は今も続いています

さて、昨日もハードにPCI、そして火曜日の今日は朝 TAVIでした 94歳のご高齢の方ですが、ものすごくしっかりとした日常生活を送られている方です 残念ながら重症大動脈弁狭窄症のために、最近は苦しくてその生活が脅かされていたのです それを本日すっかりと良くすることができました 術前の検討、皆の議論、そして実施時の強い心による手技、これら全てによりTAVIを実施できました 終了してすぐに、「うまくいったかね?」とご本人が問いかけてこられました 「もちろんうまくいきましたよ」とお応えしました。このように手技終了し、すぐに受け答えできるぐらいに麻酔から覚醒するのも、麻酔科医師の絶妙な麻酔によるものと感謝しています TAVIの最中には血行動態がめざましく変化します、その変化に対応して麻酔医がたくさんの管理をして下さっています 感謝感激です 素晴らしいと思います

その後、PCI 本日は疲れきって若手に全て任せ、そして外来診療です とても重症の冠動脈疾患の患者さんが来られました 治療するほうにも相当のストレスです でもここで心が負ければ治療できません 強い心で乗り切ります

ついに念願の名越切通そして、まぼろしの「まんだら堂やぐら群」へ

昨日疲れきって帰宅しましたが、本日は病棟ハイキングの日でした このため、 6:45AM起床し、例によって7合のごはんから 24個のおにぎりを握りました 最近はとみに手際が良くなり、24個のおにぎりと言っても、30分ぐらいで完成です

おにぎりの具には、梅干し、にんにく、焼き鮭、焼きタラコなどのコンビネーション、そしてもちろんシャリには色々とねりこんであります そして海苔で巻き、さらにサランラップで一個ずつ綺麗に包装するのです これらの作業は全て料理用の手袋を履いてします

昨日より天気模様が崩れるという予想でしたが、元来僕が出かける、という時に天気が崩れる訳が無いので、そのまま続行しました 自宅を出発する 8:55AMには何やら日が刺してきましたよ

9:30AMに大船駅改札口に集合し、そのまま逗子駅に横須賀線で移動、そして、そこから開始です まずは久木中学に至るトンネルをくぐりました

久木中学に至るトンネル
久木中学に至るトンネル

次に、久木大池公園を経由して、「やまなみハイキングコース」に入ります

久木大池公園
久木大池公園

次に十二所果樹園を経て、展望台へ この展望台からは実はあまり景色を良くないのですが、早めの昼ごはんです ここにはベンチやテーブルがあるからです ここで重い 24個のおにぎりを全て処理、これでリュックが軽くなったのです

展望台からの景色
展望台からの景色

そして、それからまた果樹園を経由して、大刀洗川に下り、報国寺脇を経て、いよいよ急勾配の衣張山へ この衣張山というのは、標高たかだか 120Mあまりなのですが、何しろその登りは非常に急勾配なのです 突然周りの景色がかわり、まるで別世界に入ります

いよいよ衣張山へ
いよいよ衣張山へ

衣張山からの眺望は絶景です 富士山が正面に見える筈です 江ノ島は目の前であり、由比ヶ浜が広がります

衣張山からの眺望
衣張山からの眺望

衣張山から今度は急峻な下りに入ります 途中標識が整備されているので良いのですが、突然 目指していた 「名越の切通」という文言が飛び込んできました

標識
標識

何やら標識によれば、「まんだら堂やぐら群」は閉鎖中となっています えーーーー がっかりーーーー

しかし、世の中神様仏様です そこまで行くと、何と何と「現在特別公開中」とのことなのです!!! やったね なんという幸運でしょう そして、実際に目の前に広がったやぐら群は、圧巻です これを見ずして人生終わることはできません

まんだら堂やぐら群
まんだら堂やぐら群

そして、その近くにはかれこれ15年来追い求めてきた「名越の切通」が出現したのです 感激です

名越切通し一の切り通し
名越切通し一の切り通し

さらには石切り場であったらしい、という「大切岸(おおきりぎし)」も目の前に広がりました 800年以上の年月を経て目の前に広がったのです

大切岸
大切岸

大切岸からはいよいよこのハイキングコースからの離脱です 離脱は鎌倉の大町に向けてです

大町へ
大町へ

大町へ降りていくと横須賀線のトンネルの上にでます

横須賀線
横須賀線

横須賀線踏切を渡るところには、ちゃんと「名越切通し」という標識が出ていました

標識
標識

結局本日のコースは 14.7Kmでした かなり up-downが急峻で足腰がガクガクとなりました 今回は天候の懸念もあり、小さな子どもたちが参加しなかったのでこのように思い切ったコースを設定できました しかし、鎌倉という土地は、歴史が刻み込まれたとても良い土地だとつくづく思います 今日は天候の懸念があり(実際には一滴の雨も降りませんでしたが・・)、観光客も少なかったのか、あるいはコースのためでしょうか、今回のハイキングコースには他のハイカーもほとんどおられず、とても快適でした

今回また新たなコースを見つけることができ、とても嬉しいものでした 最後に地図を掲載します

今回のコース
今回のコース

次に高低差です

高低差
高低差

伊勢志摩ライブでのrole終了

今朝 6:50AMの近鉄特急で名古屋駅から松阪駅まで移動し、そこから車で 15分ぐらいの「三重ハートセンター」に行きました 既に今年で第10回となる「伊勢志摩ライブデモンストレーション」に参加するためです

本日の 9:00AMからの第一症例のライブ術者でした 症例は男性で、右冠動脈が左冠動脈洞の上方より分岐する異所性右冠動脈の慢性完全閉塞でした 慢性完全閉塞とはいっても順行性に microchannelがあるように見られ、問題はこの異所性右冠動脈に対して如何に十分な backupを持ってガイディング・カテーテルを挿入するか? それにかかっていました

当初左橈骨動脈より入りましたが、MP, AL2.0, AL1.5, AL1.5ST, JL3.5STなど試みるも全く近寄りもしません そのため、右大腿動脈よりアプローチし、 7Fr guiding catheterに変更し、ようやく AL1.0SH-STを用いてかろうじて左冠動脈にかかり、左回旋枝にワイヤーを dummyで挿入し、 floatingで XTRを conus branchに挿入し、何とか 2.0mm balloonでこの枝に対して anchoringを行い、次いで、本幹で 3.0mm balloonで anchoringして、その脇から micro catheter + Gaia-firstで慢性完全閉塞を通過させ、左大腿動脈より対側造影を行い、ワイヤー走行確認してから、何とか 1.0mm balloonで慢性完全閉塞を通過させ、さらに 2.0mm balloonで拡張後、順行性にもう一本 floppy wireを右冠動脈末梢に挿入し、これを用いて #3において 2.5mm balloonによる co-axial anchoringを行いつつ、色々して、結局薬剤溶出性ステント 3.0 x 38mmを植えこみました ものすごく大変なPCIでしたが、最終的に成功裏に終了し、嬉しかったですねえ

それから「コメダ珈琲」で、休憩がてら Luncheon Seminarの準備をして、それも無事終了し、今また近鉄松阪駅に戻りました 近鉄特急は満席なので、予定の特急を待つ間、駅前の喫茶店にいます

これから名古屋経由で鎌倉に戻るのです 明日の日曜日はようやく自宅でゆっくりできます

本日は Structure Clubに参加 そしてメール差出人表示について

本日は午前中外来診療を行いました 実は先週の金曜日、double bookingが発生し、多分生涯で初めて外来診療を当日キャンセルしてしまったのです

とは言っても本日も東京駅隣り、以前の東京中央郵便局跡地に出現したJP東京タワーとかいう名前のビル内にある会議室で開催されたストラクチャー・クラブでの rolesが 15:00からあり、13:00過ぎには病院を出発せねばなりませんでした

外来診療を時間通りに終了し、学会(研究会?)に向かいました 最初のセッション一時間は一人座長であり、何の事前打ち合わせもありせんでしたので、どのように進行していくか、壇上で一人悩みつつ何とか切り抜けました そして、一時間の間を経て、17:00より Evening Sessionでの一人座長を行いました 随分と勉強になりましたね もちろんTAVIの話です

そして、18:30発の「のぞみ」に飛び乗り、今名古屋に向かっています その中でメールを受信していて初めて気が付きました これは Outlookをメール送受信に用いていた時には無かった現象です 多分知らない方が多いと思います

現在メール送受信は、OSX上のメールで行っていますが、差出人表記が、Outlookの場合にはアカウント設定の部分で自由に差出人表記を変えることができるのですが、メールではそれができないようなのです 今まで散々使用していてさっき初めて気が付きました メールの場合には、MacBook Proの場合には、どうやら「連絡帳」から差出人名前を拾ってくるようなのです

さらに、これと同期している iPad上のメールでは、また異なる差出人表記となり、これもどうやら iPadの中の「連絡帳」から拾ってくるようなのです もっともこれについては未だ検証不十分です

結果的に何が起こるか? これまで自分のメールを受信された相手の方にはそのメール一覧の中で差出人表記が Dr_Radialist(Kamakura & Sapporo)と表示されるものと思い込んでいましたが、メール受信ソフトが OSX/iOSのメールではそのようにはならない、ということなのです

これには驚かされました 少しまずいですねよ 何とかならないのでしょうか? どなたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?