Detroitでの有意義な三日間

Detroitで Interventional CardiologyのDirectorをされている京都大学ご出身の山崎先生に招かれ、St. John Hospitalを訪問しました。今回、松陰くん、吉町くん、舛谷くんも一緒でした。宿泊はSt. John Hospitalから車で10分足らずの山崎先生のご自宅でした。

10/08 13:30頃にDetroit Metropolitan International Airportに到着し、山崎先生の運転される Priusに乗り、ご自宅に伺いました。暫しご自宅で休憩させて頂いてから、その日は、 Fellow向けに慢性完全閉塞についての講演を40分ぐらいで行い、その夜は山崎先生の奥様がご用意された夕食を皆で頂きました。とてもおいしく頂いたのですが、やはり時差ボケで 10:00 PM頃には皆眠くなり、早めにベッドに入りました。

時差ボケに弱い僕にしては珍しく、その日は間欠的ではありましたが、9日火曜日の6:00 AM頃まで眠ることができたのです。朝、ご自宅で朝食を頂き、St. John Hospitalに 8:00 AM前に到着しました。

今回、山崎先生、上司の先生、秘書さん達の多大なお計らいにより、私自身はSt. John Hospital゛での temporal medical licenseを取得しましたので、手技をデモすることができました。これでアメリカ国内で実際に手技を行い、デモをしたのは、St. Vincent’ Catholic Medical Center (New York), Columbia University Hospital (New York), Wake Medical Center (South Carolina), Washington Hospital Center (Washington DC), Scrips Clinic (San Diego), Mercy Hospital (Scranton)についで、7つ目の病院です。

Detroit到着

成田空港から吉町先生、舛谷先生、松陰先生と一緒に DELTA直行便で Detroit Metropolitan空港に着きました。フライトは快適で、5時間ぐらいの睡眠もとれました。

St. John病院で循環器医師をされている京都大学の山崎先生が空港まで迎えに来られていて、そのままご自宅までご案内して頂き、今は山崎先生ご自宅の庭で Wi-Fiでインターネット接続しています。気温は10度ぐらいでしょうか、しかし日差しが温かく寒くはありません。

日本時刻 4:45AM、デトロイト時刻 3.45PMです。5:00PMから St John HospitalでFellow に対する講演会があり、明日は朝からPCIです。