pptPlexデビュー

先ほど冠動脈外科学会シンポジウムでpptPlexをデビューさせました。多分参加者は今まで見たことの無いプレゼン形式に驚かれ、内容よりもその変化の異様さに気を取られていたことと思います。何しろ Preziの名前の由来は、”Presentation and Zoom In”なのですから、そのようなプレゼンになるのです。

とりあえず VAIO-Z Windows7 Office2010の組み合わせでは途中で止まりもせずにうまく出来ました。後は、自分自身プレゼンの最中にこのソフトの特性を十分に発揮する勇気が必要ですね。

Preziおよび PowerpointでのPreziもどき

今回 Kiemeneij先生が自身のプレゼンで全て Preziを用いて行われていました。これは、Powerpointで作成されたプレゼン全体を一枚の大きなキャンバスの中に配置し、全体像を示しながら個々の内容に踏み込む、というスタイルのプレゼンテーションを行うソフトです。

従来のPowerpointにしろ 昔存在していましたが、 Macintoshで動いていた今は消滅した Aldus Persuation、あるいは最近はupdradeも行われなくなった Apple Keynoteのように、紙芝居的なプレゼンと一線を画すものです。ちょうど、システム開発で行うような何とかという人の名前のついた手法、大きなキャンバスに個々の問題点などを記述した小さな紙を配置し、皆で議論しながら互いの問題点の関連や新たな問題点について検討する方法、それを模したようにも思えるソフトです。

ただ、ホームページにアクセスすれば分かりますが、このソフト(Prezi)を本格的に動かそうとすると、毎月某かのお金を払わねばなりません。買取でないところが、また新しい課金システムのようでもあります。

そこで、Powepointで同様のものは無いのかな? と探したらありましたね。実はMicrosoft純正のAdd-inとして存在しました。しかし、公開はあくまでも Office Labsという実験的な場所です、従ってこのソフトを使うのはいささか危険な気もします。

場所はここです、そしてこのブログに分かりやすい解説があります。さらに同じ筆者によるもっと詳しい解説がここにあります。これを読めば、誰しもすぐに使いたくなると思いますよっ!

さて、インストールしました。実はこの MacBook Proの上のParallels Desktop上で走る Windows 7の上には Office 2007がインストールしてあるのですが、そこにインストールしたところ、走りませんでした。Powerpoint fileを .pptx形式でセーブせねばならないのですが、それを行う Add-inをインストールしたにもかかわらず走りません。まあ、しかし仮想PCの上でのことですから、Microsoftに対して文句は言えません。

そこで、Vaio-Z上のWindows7, Office 2010にインストールしたところ、問題なく走りました。いや問題無く、というのは嘘です 「許されないメモリー領域にアクセスしています」とか何とかいうエラーがでます。危険ですねえ、それでも走らせたら走るのです でもこれって OSを破壊していないのでしょうかね

とりあえずは確認しました

(1)日本語フォントも問題無し

(2)全てのアニメーション動作が無くなってしまう

(3)従ってシネの動画も動かない

(4)Macの上のPowepointでは動かない

とりあえず、明日 冠動脈外科学会シンポジウムで使用してみます。

これから頑張らねば

今 羽田空港ラウンジで、これから札幌に入ります 今週末は、冠動脈外科学会、心血管インターベンション学会(うん? 正式名称知らないや・・ 何れにしても CVITのこと)がそろぞれ東京、新潟であり、年の功から、やりたくもない座長とか、講演とかが目白押しなのです。
しかし、相変わらず 自分の「火事場のくそ力」頼み、要するに ぎりぎり追い込まれないと何もしない、そんな状況であり、自分の発表、少なくとも、5つあるのですが、まだ何もしていません。正直、そんなことする時間も体力も気力もありませんでした。
そこで、今回の札幌入りでそれらをせねばならないのです。うーん大変、ようやく火災警報が鳴り出しました。

TRI 20周年記念キャラバンツアーが及ぼす世界への影響

先週実施したキャラバンはそれなりの成果を挙げつつあります。世界の潮流を変えるかもしれません。

Cost Effectiveness of Wrist Angioplasty from Japan

このリンクが、PCIを行う医師の間では有名なAngioplasty.OrgPtca.Orgで紹介されました。

月別登録症例数

月別登録症例数をSQLで書きました

SELECT DATE_FORMAT(`registration_date`, '%Y/%m')
AS `MONTH`, COUNT(1) AS `月別登録数`
FROM `pt_tbl`
GROUP BY `MONTH`
ORDER BY `MONTH` DESC

当たり前と言えば当たり前ですが、GROUP BYという集合演算は何と便利なのでしょうか!!

キャラバン終了

昨日は新幹線で品川まで移動し、15:00より品川で伊苅先生に座長をお願いして講演会を開催しました。演者は一色先生と、松陰先生、それに〆に Ferdinandにお願いしました。
講演会終了後、最後の食事として僕が選択したのは、浅草の「どぜう」屋さんでした。ここは純和風の建物であり、いつもたくさんのお客さんでごった返しています。しかし、流石にこの店には外国人の方は見かけません。ドジョウ鍋はとてもおいしく、彼もいたくお気に入りになられました。その後は、すぐ近くの「薮蕎麦」に行ったのですが、こちらは何だかきれいに改装されていて、少しがっかりしましたね。
この一週間彼とずっと一緒に過ごしましたが、異文化を素直に受け入れる柔軟性を感じました。この柔軟性がTRIという新たな手技を編み出したのだろう、そのように理解しました。柳のように柔軟で、しかも強くいることが人生の中で重要なのですね。

SQLでグループ毎の要素数で並び変える

NAUSICA AMI臨床試験において、登録症例数で病院名を出力する時に、それぞれの登録数も出力し、さらには登録数で並び変える必要がありました。これに対して、

SELECT DISTINCT `hp_name` FROM `hp_tbl` 
INNER JOIN `pt_tbl`
ON `hp_tbl`.`hp_id` = `pt_tbl`.`hp_id`

このようにすれば登録病院名のみ出力されます。しかし、登録数や登録数での並び変えは困難です正解は

SELECT`hp_name`, COUNT(*) AS 登録数 FROM `hp_tbl` 
INNER JOIN `pt_tbl` ON `hp_tbl`.`hp_id` = `pt_tbl`.`hp_id`
GROUP BY `hp_name`
ORDER BY 登録数 DESC

このようにするのです。

TRI 20周年記念キャラバン・ツアー最終日

いよいよ今回のツアー最終日となりました。今朝は7:30AMにホテルを出て、兵庫医科大学カテ室に向かいました。症例は右冠動脈の慢性完全閉塞でしたが、非常に難しく、とても大成功とは言えない結果でした。少し残念です。ただ、患者さんはとても具合が良く、またこの右冠動脈による症状もありません。そういう意味では良かったのです。

流石にこの一週間ハードなスケジュールで疲れました。本日はこれから新幹線で東京に移動し、最後の講演会があります。それから浅草界隈を案内して、それで今回のツアーの打ち上げとなります。少しゆっくり眠りたい気分です。