北京での三泊

今回 CITに参加するため(実際には 僕は Course Co-Directorなので参加せねばならないのですが・・・)に、3/30夜に北京に入りました

確か先週ぐらい全国人民代表会議みたいなのが開催され、自動車もしばらく制限されていたからか珍しく空は奇麗でした この時期の北京は、PM2.5の問題が無ければとても過ごしやすく美しい街並みなのです

さて、昨年はライブ術者をする時間が無く、今年は二年ぶりに術者をしましたが、この間に阜外国立心臓病センターはすっかり新しい建物になり、壮大なとても奇麗な病院となりました そこでは心臓専用のカテ室が、15室並び、それ以外に脳とか、外科が使用するカテ室が5室、合計 20室のカテ室が稼働しています 昨年の経皮的冠動脈インターベンション症例数は16,000例です

この15の中に少なくとも一台 SHIMAZUのマシンがあり、僕のライブはそのマシンで行いました 他のマシンは、Philips/Siemensということでした 僕の助手をされた先生方に「どのマシンが好き?」と聞くと、SHIMAZUも悪くないけど時々画像がものすごく悪くなるのでやはり Philips/Siemensが好きだと言っていました

今回 SHIMAZUはものすごく奇麗な画像であり、それはある意味感激しました 小倉にもこのマシンが入っていたと思いますが、小倉よりも格段に奇麗でしたね この話は小倉には内緒で・・・

症例は右冠動脈の慢性完全閉塞でしたが、あっという間にワイヤーを通し、それこそ時間をどのように潰すか?に悩んだほどでした

北京の街には、若い女性がきっと資生堂の影響だと思うのですが、皆とてもお化粧が日本的に奇麗となり、美人が増えました そろそろ出発せねばなりません またこの後は日本に戻ってから

うっかり でもリカバリー

昨日羽田は Security Checkを通過し、何時ものように自動出国ゲートを通過しました 昨日はTumiの何と言うのでしょうか ランドセル? いや違うな 何でしょうか それを背負い、MacBook Proを裸で手に持ち、パスボートをスキャンしたのです この時に、RenowaのCarry Bagをその器械のところに置いてそのまま忘れてしまいました

そして ANA Loungeに行き、いよいよ搭乗時刻の案内があり、そこで初めて気がついたのです もう搭乗迫っていたのですが、ほとんど慌てませんでした

すぐに ANAの係員に「ラゲージ忘れてきた」と申し出たところ、各所にすぐに連絡して下さり、出国審査を逆向きに通過して Security Checkまで戻り、無事回収しました

いやあ やはり疲れているからかなあ バッグ忘れるなんて・・・

でもすぐに頭では高速で演算しました 何があのバッグに入っていたか? 絶対に回収せねばならないものか? 結論は「まあ無くなっても大丈夫」というものでした そんなものですね 今朝もMac Mail.appでこれもで一ヶ月ぐらいで取得したメールが消え去りました 最近は、消え去ったりするのもいいもんだ とぐらいに思うようになりました そんなものですね

へえ~~ これもオリンピックに向けてかなあ

何だか疲れ切っていますが、元気出てくるでしょう 本日は 5:00pm過ぎの ANA便で久しぶりに北京に入ります

北京では明日より CIT (China Interventional Therapeutics)というライブ学会が開催され、そもそもこの会が出来た時より Chairmenの一人でありますが、あまり活動していない悪い役員ですね 自分の履歴に併せ最近は経皮的冠動脈インターベンションよりもTAVIの役割が増えてきています

しかし、今回は明日の午前中に阜外病院より慢性完全閉塞のライブ術者となっています 先程症例を見ましたが、59歳男性で右冠動脈のみの慢性完全閉塞でした ラッキーであれば、順行性に Tapered-tip hydrophilic wireで簡単に通過するでしょうが、そうでなければ厄介な逆行性アプローチということになります 造影では中隔枝良く分かりませんでした

まあ明日になれば明日になります 今から考えても何の得もありません

そうそう、何を言いたかったかと言えば、今日は珍しく羽田の出発口が行列になっていたのです それで僕は ANAの Statusであまり並ばない入り口から入ったのですが、驚きました 入り口のSecurity checkを通過したらばガラガラなのです 出国管理もほとんど列を作っていないのです

ではどうして出発口で詰まっていたのでしょうか? 答えは、これまでの金属探知方式のゲートでなく、その横に新たにアメリカとかでは数年前よりやっていたグルッと回る全身スキャナーが入っており、全員そちらに入らせられていたのです そのために、列が出来ていたのですよっ

これって、やはり東京オリンピックに向けての対策なのでしょうね

そうそう先日の危機を乗り越えた患者さんすっかりお元気です TAVIの威力ですねえ

乗り切ったぞ

昨日は非常に危ない事態に直面しましたが、見事冷静な判断で乗り切ることができました もちろんチームの力です

それにしても疲れが溜まっている 不眠傾向も続いています こんなことでは僕自身のロウソクがどんどん短くなってしまいますねえ

本日はこれから院内講演会

本日は W治療を 3例しましたが、随分と進化しています 余裕で縦に三例可能です やはり静脈からのアプローチなので後は楽ですね

これから外より教授をお招きして院内で講演会です 座長を務めねばなりません 色々とお話を伺い勉強できるのが楽しみです

この治療は何だか僕の気性にあっているなあ

本日 6例目の W治療をしました 何だか既に体が覚えてきている感じです というか 何となく経皮的冠動脈インターベンションと似通っているように感じるのです

実は全く違う手技なのに何ででしょうかねえ mm単位の微細なコントロール しかも信じられないくらい強い力をかけねばならない時もあるのです その静と動、あるいは微かな力と、強力な力 それらの間というものが経皮的冠動脈インターベンションの世界に似ているのでしょうか TAVIとは全く異なる世界です

さらには、どんどんどんどん新しい治療が導入されていきます その際には、厳しい倫理基準の下で手続きに則っての臨床試験が必要です それでもそれらのややこしい手続きを乗り越えるだけの熱意が必要ですし、それをサポートする病院内の皆の力の結集が必要です もちろん頭だけではなく医術して技術的に完璧でなくてはなりません

うーん何処まで僕がこの未知なる道を進んでいけるでしょうか? でも今日の一例目の患者さんにヒントがありました この患者さんはこの湘南鎌倉総合病院循環器内科で20年以上前に急性心筋梗塞のために治療し、それ以降経皮的冠動脈インターベンションも何回か、その途中で色々な致命的な疾患にかかるも当院での治療で色々な疾患を乗り越えて来られ、また不整脈治療も行われ、それこそ何回も何回も大きな障害を乗り越えて来られたのです そしてもちろん現在は 80歳を超えられているのですが、未だにお元気で、今後の色々な病気の再発を防がねばならないのです

そんな中、今回のW治療は本当に必要とされている治療なのです それを行うことに邁進していく、それが僕の進む道なのでしょう 道半ばで倒れるまで続けなくてはなりませんね

この土日相当に悩んだぞ

この土日は、久しぶりにプログラミング・モードに入りました 日本循環器学会で配布されていたプログラム閲覧用Appに触発されたのです

昨年の鎌倉ライブHomePageは PHP/JavaScript/jQuery/CSS/html/MySQLを組み合わせて何とか付け焼き刃で作りました

それなりに使えるものであり、未だ HomePageは残してあります

しかし、これは本当に付け焼き刃なので、もう少しきちんとしたものを作りたい、そのためには Laravelを勉強しよう!!と思ったのですが、既に挫折しました とにかく PHP以外に学んだり、覚えたり、あるいは流儀に馴染んだり、そのようなことが多すぎます もう僕の脳みそは新たなものを取り入れる余地があまりありませんので、これは辛いのです

そこで、考え方を方向転換しました 「折角使えるようになっているPHP/JavaScript/jQuery/CSS/html/MySQLなのだから、そのまま推し進めよう」と思ったのです そして「余力が出れば Laravelなりを学べば良い」と思ったのです

それで、昨年のプログラムを見直しました こんな風体にしたかったのです

デモスクリーン

もちろん、下の大きなアイコンは navigatorであり、このアイコン集はどのページにも出現し、スクロールしても消えません このようなものを作りたいのです

これには、Bootstrapの navibar/dropdownコンポーネントを用いればそんなに難しくなくできる、ということは自分で分かっていました そして実装したのですが、どうしても

こんな風にDropdownしたいんだ!!!!

こんな風に(dropdownする)動かないのです いや、動いたり動かなかったり、と厄介なバグです

そしてついに原因をつかみました jQuery Libraryが version3.xであると動かないのですが、1.xや 2.xであれば動作したのです これには驚きました ちなみに 3.xでも動いていた時には次のようなコードを書いていたからです

<script src="http://code.jquery.com/jquery.js"></script>
<script>
	if ( !window.jQuery ) {
		document.write( '<script src="js/jquery3-1-0.js"><\/script>' );
	}
</script>

つまりこれであれば、on-lineであれば、CDNを読みにいっていますが、この読んだ先には、jQuery 1.xがあったからなのです

うーん時間潰しました

昨日は神奈川保険医協会での講演でした

昨日は外来診療後、細々とした仕事をしてから一旦自宅に自転車で帰宅し、着替えてからバスと電車で横浜駅近くに移動しました

実は神奈川保険医協会の会議室が横浜駅近くのビルの中にあり、そこで講演を依頼され、19:30より行ったのです

今回のテーマは BRS (Bio Resorbable Scaffoldings)についてのものでした 実は前回の 1998年当時の神奈川保険医協会での講演では 200名以上の空前の参加者がありましたが、今回は 20名程度でした

なかなか開業医の先生方もご参加が困難になってきているものと思われます それでも講演の後は、非常に活発な討議と質問があり、「これはすごい」と感じました 本当に昨日は講演に参加することができて良かったです

それにしても、大船駅から横浜駅まで行き帰りの電車 行きは 18:30頃の横須賀線、帰りは 21:00頃の東海道線だったのですが、その時刻でもすし詰めの満席で驚きました もちろん一般席で移動したのですが、「これは東京まで通勤されている方々は大変だなあ」と本当に思いました そして、もう一つは 100名が 100名皆スマホをやっているのです

うーん、やはり時代はスマホですねえ スマホで閲覧できないコンテンツは作成しても駄目でしょう 今後の Home Page作成にこの経験を活かします

火曜日、水曜日とTAVIにつかり

日本循環器学会開け、というか連休明けの火曜日(3/21)には二例TAVI施行 もう大分前から大腿動脈は穿刺そして止血は Proglideとなり、ものすごく早くなり、また麻酔は麻酔科の先生が非常に先進的で大分前より Conscious Sedation without Tracheal Intubationとなっていて麻酔前後がものすごく短くなり、さらにはこの状況で必要に応じて自由に経食道心エコー法を行うという秘策を麻酔科の先生が編み出され、これによってTAVI手技時間がとても短くなって、しばしばベッドが埋まっていて Hybrid Roomより患者さんをすぐには動かせずカテ室内で待たねばならない、という状況も発生しているのです

そんな訳で一日二例なんて物足りない物足りない 軽く一日縦に四例が可能な状況となっています まあ、それを実際に行うか否かは患者さん次第であり やはり競争の厳しい神奈川県下の民間病院としてはなかなか厳しいものがあります

そして火曜日は夕方移動し、本日水曜日は朝から他院でTAVIの Proctorをしてきました なかなか素晴らしいTAVIであり、Proctorをしていた僕もとても嬉しく思いました

明日は神奈川保険医協会での講演がありますが、以前の講演スライド調べていたらば、何と 1998年11月22日にも同じ神奈川保険医協会で講演をしていたことが分かりました その時のファイルを見ていたのですが、既に約20年前のこの時期に同じような内容の経皮的冠動脈インターベンションを行っていたことを実感しました 良く言えば「当時から先進的であった」のですが、悪く考えれば「相変わらず進歩がない」ということになります そのどちらであるかは今後の自分自身の生き方が決めるのでしょう

ついでに自分の .pptファイルを調べてみたところ、1998年7月6日の発表分がファイルとして残存する最古のものでした これ以前は Film Printerを用いて 35mm Slideとして作成していたのですねえ あの当時を思い出しました そんなふうに苦労して作ったスライドは全部無くなりました しかし、パソコン上にファイルとして残してある .pptはそのまま残っていて自分がどのように行きてきたかの証の一つです

日本循環器学会総会終了

16:40 – 18:10までの meet the expertのセッション座長を行いようやく日本循環器学会総会 in 金沢から帰途につきます

この最後の座長のセッションでは自分の知らない世界を色々と勉強させて頂きました

この3日館金沢市内の移動は基本的に自分の足で歩くばかりにしました 運動と、折角の金沢をもっと良く味わおう、という気持ちからでした 毎日 10Km以上は歩き、今日はもっと歩いたと思います

金沢の料亭街