久しぶりの バンコク

何と前回タイを訪問したのは 2013年2月16日のことでした ですからいつの間にかもう5年半も訪れていなかったのです

今回は、Wasan先生よりのお招きにより CIAT (Cardiovascular Intervention Association of Thailand)という学会ライブにお招きに預かり、久しぶりにバンコクを訪問しました

バンコクの交通渋滞はアジア最悪、世界最悪と言われて久しかったのですが、その後高速道路整備、近郊電車網の整備のお蔭で前回訪問した 5年前には相当に渋滞が改善していました しかし しかし今回は空港から市内ホテルで学会場であるCentara Grand at Centraworldまで30Kmぐらいにも関わらず 2.5時間以上かかりました 大渋滞です また、とにかく見た目景気がすごく良い雰囲気であり、街を歩く人々も若く、これからますます発展するように見えました またこれまで以上に日本語が街に溢れ、色々な日本から進出した店やレストランもたくさん目に付きました

便利な電車網

街の中心には高架上を近郊電車が走っています これはとても便利な交通機関であり、このように渋滞がひどいと特に役立ちます まあ日本で言えば地下鉄ですが、日本の地下鉄ほどには路線が緻密ではありません

CIATはこれまで毎年開催されていたらしいのですが、これまでは一日限りであり、外国からは演者などを招聘されてこなかったということですが、今年から二日間の日程となり、また外国からも演者や術者を招聘するようになったとのことです 今年の目玉は Serruys先生でしょうか 日本からも僕の見た限り5名ぐらいの先生が招聘されていました

CIAT開催直前

そういう訳で今年は 9回目だそうです 僕は土曜日24日の Opening Ceremonyに引き続いて特別記念講演をしました 内容はTRIの発展と Distal Radial Approachについてでした

タイ料理は非常に辛いものがあることで有名ですが、ビーフンを用いた辛い麺はなかなか満足の行く辛さでした

辛い麺

バンコクの街は高層ビルが立ち並び経済発展が伺えます

バンコクの高層ビル街

そして日曜日 11月25日は 9:00AMにホテルロビーにお迎えの車が来て、そのまま ChulaLongKon病院に向かいました 僕が知っているこのタイ国随一の大学病院はまだ建て替え前のものであり、新しくなってからははじめての訪問でした カテ室は 6室あるそうです

僕に与えられた症例は 80歳のものすごく小柄な女性でした 数週間前に前壁の非貫通性急性心筋梗塞を起こし、左冠動脈前下行枝近位部に対して薬剤溶出性ステントが植え込まれました そしてこの時に右冠動脈中部で長い慢性完全閉塞が発見され、本日の標的病変はこれでした 事前に何の症例情報も無く、今朝初めてどのような症例であるかシネを見ました 右の経大腿動脈的冠動脈インターベンション + 右経橈骨動脈的インターベンションで両側 7Frで入ったのですが、左冠動脈にはガイディング・カテーテルの挿入が困難であり、かなりのきつい角度で何とか入りました

まずは順行性から開始したのですが、Gaia-3rdにより慢性完全閉塞部分を超えることができたのですが、ものすごく硬い病変でした そしてワイヤーはそのまま血管外に抜けました このため、左冠動脈からの逆行性アプローチを開始したのですが、狙った中隔枝はヘアピンカーブ状にLADより分岐し、その選択には高度なテクニックが必要でしたが、何とか突破しました 秒間0.1mmぐらいの回転を加えた押したりひいたりの操作により困難な屈曲を超えました これは本当に難しい高等テクニックです そしてようやく中隔枝を超え、ワイヤーは右冠動脈末梢から近位部向かって進みました ここでマイクロカテを進めるのですが、丁度中隔下縁の激しく収縮する部分が屈曲部にあたり、その部位の通過には Corsair-Proが必要だったのです この動きからひょっとしてこの部位で中隔枝の破裂が起こる可能性があると考えましたが、続行しました

そして順行性と逆行性を Gaia-3rdで組み合わせ、ようやく逆行性にワイヤーが順行性ガイディング・カテーテル内に挿入することができました 次の操作としては当然ながらガイディング・カテーテル内でのバルーン・アンカーであり、それを行うことにより逆行性に Corsairを順行性ガイディング・カテーテル内に持ち込めました しかし、順行性ガイディング・カテーテルがなかなか 右冠動脈に対してco-axialに入らず、この結果 Corsairはその先端部分のみがかろうじて順行性ガイディング・カテーテルに入ったのです

ここで、RG-3に置換するのはこのポジションを失うリスクがありましたが、新調に行い、これでもう勝利は確信したのですが、RG-3を逆行性に入れていく途中で抵抗を感じました そして全く進まなくなったのです、RG-3を透視で追うと、何と順行性ガイディング・カテーテル内部先端が折れ曲がりそこで進まなくなっているのです、そこで、このRG-3を道標として Corsairをもっといい位置、順行性ガイディング・カテーテル内に十分に進め、その位置で RG-3を抜去して新しいRG-3を導入しようとしたのですが、今度は RG-3が Corsairより抜去できないのです それで、Corsairごと左冠動脈まで抜去しようとしたのですが、何と逆行性ガイディング・カテーテルが左冠動脈内に引き込まれるのみで抜去できないのです これは大変です 実はここで中継が時間の関係で終了しました 聴衆の方々は一番重様な部分を見ることができなかったのです だって実に僕のカテ室の開始時刻は前の手技がずれ込んだため遅れに遅れ 11:00AM頃手技開始となったのです それで 12:00に shutdownですからそもそもが中継完了するのは無理です

結局色々やって何とか CorsaitをLAD内まで抜去することができ、そこで右冠動脈から造影したのですが、慢性完全閉塞通過部分には Corsair通過の道ができていましたが、十分に造影されませんでしたので、左冠動脈の造影をしたところ、やはり懸念していたように中隔下縁で中隔枝が破裂していて瘤状になり、その部分で右心系に交通していました そしてそこで、新たに順行性に既に Corsairで形成された道を通してワイヤーを順行性に右冠動脈末梢に通過することができました これでようやく終了できるか と思ったのですが、そこでLADより Corsairを抜去したところ、何とLAD近位部で完全閉塞となって、血圧も低下し心停止状態となりここで心臓マッサージ開始、エコーでは心タンポナーデは否定され、このLAD閉塞が原因の血行動態破綻と考えられました 僕としては何が原因であれ、LADに再度ワイヤーを順行性に通過させなければ何もできない、と考え、皆がバタバタ色々な処置をしてくださっているのを尻目にワイヤー手技を続けました 透視で良く見るとLAD近位部の以前植え込まれたステントがひしゃげているのが分かりました 結局、原因は左冠動脈ガイディング・カテーテルが引き込まれて奥に入り込み、この時にステントも損傷し、これによりLAD近位部で蓋されたものと考えられました またこの時点で逆行性 EBU3.0 7Frが左冠動脈主幹部を損傷したものと考えられたので、JL3.5に交換したのですが、この時誰も気づかなかったのですが 6Fr GCが出されたのです

そこからはワイヤリングの絶妙なテクニックを自分で引き出しました 口では表現できないのですが、とにかく絶妙なワイヤーに対する回転と押し引きなのですが、それを続けました とても成功するとは思えなかったのですが、突然ワイヤーがスーッとLAD末梢まで通過したのです そこから 1.0mm balloonが何とかステント近位部を通過し、拡張するとバースト、ついで 1.5mm -> 2.0mm -> 3.0mmとバルーンサイズを上げていき、何とかIVUSに持ち込みました IVUS解説は帝京大学の興野先生が詳しくして下さいましたが、明らかにステント近位部が血管壁に数ミリに渡り押しつぶされていたのです そこで新たに左冠動脈主幹部からLADにかけてステントを植え込もうとしたのですが、全く通過できませんでしたので、LCXをワイヤーで保護しながらGuidezillaを入れようとしたのですが、当然のことながら 6Fr GC内に側枝ワイヤーを入れた状態ではGuidezillaを入れることはできません 何回か入れようと試み、ようやく「あっ、これは 6Fr GCではないの」と気がついたのです

それで今度は右冠動脈に対してバルーンで拡張し、薬剤溶出性ステントを2個植え込み、右冠動脈の慢性完全閉塞開通部分を確保し、右橈骨動脈からの 7Fr AL1.0SHを抜去し、こちらから 7Fr JL3.5を左冠動脈に挿入し、ようやく Guidezillaの助けを借りて左冠動脈主幹部からLAD近位部に薬剤溶出性ステントを植え込み、これでようやく安定したのです 患者さんはこの間に気管内挿管したりしましたが、リカバーしました ものすごい症例でした

興野先生と
終了作業中

この手技が終了したのは 13:30頃になっていました 朝食も食べていなかったので、それからバンコクに来た時には必ず訪れている Seafood Marketに行き遅めの昼食を摂りました

Seafood Market

いやあ今回はものすごい体験をしました 今回の注意点としては、やはり体格が小さくガイディング・カテーテルの挿入困難な症例は合併症を起こしかねないので本当にPCIの適応であるか否か十分な検討が必要である、ということです そして、合併症に対しては術者として常に冷静に状況を判断し、最適な手段を講じるようにせねばならない、そのように改めて思いました

今現在 CDMX (メキシコシティー)

さて日曜日夕方成田空港発の ANAメキシコ直行便で飛び立ちました ここ数年かけて行っている JICAとの共同プログラムであるメキシコでのTRI普及活動を行うためです

このプログラムは実に 3年間に渡り開催してきたもので JICAと共にメキシコ保健省も参加する公式プログラムであり、これまでに多数のメキシコ人および一部の中南米からの循環器医師を育て、これらの国々でのTRI普及に役立ってきました 今回はこの三年間に渡るブログラムの終わりとなり、やはり僕自身が参加せねばならないものだったのです

メキシコ空港に到着し、ホテルに一旦入り、それから早めの記念夕食会が開催された日本メキシコ友好協会に 16:00までには入りました

日本メキシコ友好協会
日本庭園
平成天皇の 1964年植樹

ここには和食レストランがありますが、日本庭園が素晴らしく、1964年には現在の平成天皇が訪れ記念植樹が行われました

翌日月曜日(11/19)はメキシコ革命記念日でしたが、このプログラムは行われ、メキシコ国立循環器病センター (INC; イエネセと発音します)を舞台に行われました

イエネセ

この日は僕が術者として一例 10:30AM頃より慢性完全閉塞患者さんを治療しました

患者さんは 66歳の Class 3 – 4の重症狭心症の方であり、数年前に冠動脈バイパス手術 (LITA-LAD, SVG-RCA)が行われたのですが LITAは枯れ枝となり、SVGも閉塞していて、しかも左冠動脈前下行枝近位部慢性完全閉塞、右冠動脈近位部と左冠動脈回旋枝遠位部は bridge collateralを伴う慢性完全閉塞でした

今回の targetは左冠動脈前下行枝近位部の慢性完全閉塞でした これに対して、遠位橈骨動脈アプローチに果敢に挑戦しました 実際に触知すると細めの動脈であり穿刺は困難が予想されましたが、なんだか「これも運命 どうなると結果がついてくる」と割り切り、穿刺しました 何と一瞬で穿刺に成功し 6Fr sheathを留置したのです そしてPCIも一瞬で慢性完全閉塞を通過させ DES 3.0 x 33mmを植え込み奇麗な出来上がりとなり終了しました これで患者さんはとてもお元気になられるでしょう

PCI成功して

その後講義を行い、このプロジェクト参加者が集まり記念写真を撮ったのです

記念写真

そして14:00より「うかい亭」でラーメンを食べました

うかい亭
辛味噌ラーメン

本日はこれからプロジェクト閉会式がありそれに参加します

思いがけないエラー原因

メルアドというのはある個人の IDとしても使用できます 中にはもちろん自分個人のメルアドを作らず、一つのメルアドを共有されている方々もおられますが、この場合どんなプライベートな連絡もその人々で共有されてしまいますので、プライバシーを保つことができません

そんなメルアドの特性からメルアドは IDとして良く使用されます そして、その人が登録されているか否かの判定にはデータベースをメルアドで検索し、見つかった個数が 0であれば登録されていない、という事実を利用します つまりプログラムに書けば以下のようになります

$stmt = $pdo->prepare( "SELECT COUNT(*) FROM `doctor_tbls` WHERE `email` = :email;" );  // (A)
$stmt->bindValue( ":email", $test-email-address, PDO::PARAM_STR );   // $test-email-addressをテストするためにpdoで変数をバインドする
$flag = $stmt->execute();  
// 検索を実行する
if ( !$flag ) {        
// エラーが無いかチェックする
  $infor = $stmt->errorInfo();
  print_r( $infor );
  exit;
}
$already_registered = $stmt->fetchColumn(); 
// COUNT(*)によりそのメルアドがDBに存在するか調べる 既に登録済のメルアドであれば、0ではない
if ( intval($already_registered) === 0 ) { 
// ここからメルアドが登録されているか否かのチェックとなる
}


if ( $already_registered === 0 ) { 
// こうするとこのブロックの中に入らない
}


if ( $already_registered == 0 ) { 
// こうするとこのブロックの中にきちんと入る
}

PHPには同一性判定として ==と ===の2つがあります ===は値のみならずその型もチェックします ですから、===の方が論理的に合っていますので、通常は ===を使用すべきです しかしながらこのように DBより読み込んできたりすると見かけは数字の0であったとしても型が異なるのです ですから、きちんと作動するようにするためには intva()関数により整数型に変換せねばならないのです これに気づくのに相当の時間がかかりました

Excelデータを二次元配列に読み込む

今 成田空港に向かう NEXの中でテストを走らせています もちろん Objectとして Excelの行や列を扱うのも良いのですが、MySQL側はあくまでも二次元配列という概念ですので、今後のために2次元配列に変換します その部分を作成しました

require '../vendor/autoload.php';

use PhpOffice\ PhpSpreadsheet\ Spreadsheet;
use PhpOffice\ PhpSpreadsheet\ Writer\ Xlsx as Writer;
use PhpOffice\ PhpSpreadsheet\ Reader\ Xlsx as Reader;
use PhpOffice\ PhpSpreadsheet\ Cell\ Coordinate;

$reader = new Reader();
//$reader->setInputEncoding('SJIS');
$spreadsheet = $reader->load( 'poster2018.xlsx' );
//$reader->setInputEncoding('SJIS');
$sheet = $spreadsheet->getActiveSheet();

$lines = array();
$max_row = 0;	// 今rowの最大数値
$max_column = 0;	// 	columnの最大値
$nlines = array(); // Columnを数字にした二次元配列

$row_counter = 0;
$column_counter = 0;
foreach($sheet->getRowIterator() as $row) {
  foreach($sheet->getColumnIterator() as $column) {
    $lines[$row_counter][$column_counter] = $sheet->getCell( $column->getColumnIndex() . $row->getRowIndex() )->getValue();
    // これで$linesという2次元配列に Excel dataが集積された
    // これからは $lines[n][m]のような二次元配列として扱うことが可能となる
    $column_counter++;
  }
  $row_counter++;
}
$max_row = $row_counter;
$max_column = $column_counter;

ここでキモとなるのが、Excelではそれぞれのセル座長は A1より始まる表記となっていることです 通常の二次元配列では[0][0]より始まる配列ですので、この変換が必要となります

また Excelファイルを扱う時何時も問題となるのが、文字コードです Excelでは DOSからの伝統で日本語文字コードは Shift-JISであり、現在のプログラミングで標準的な UTF-8とは合いませんし、文字化けが起こります

そこで、PhpSpreadSheetにも

$reader->setInputEncoding('SJIS');

というメソッドが定義されているのですが、最近の Excelで改善されたのか、何しろそのようなメソッドを使用せずに自動的に UTF-8に変換されるようです ですからこのメソッドは不要でした

この10日間 悩み抜いたバグがようやく解決

さて、https://www.kamakuralive.net/ のWeb programを作る段階で、コメコメ部門のポスター発表部分がまだ実装できていませんでした その理由は唯一つ、僕がズルというか楽をしたいからだったのです

既にポスター演題が 20集まっており、それをコメコメ委員の方々が Excel形式で集計してくださっていました しかし、それを Web databaseである MySQLデータベースに読み込まねばなりません 実は既に昨年、 Excel (これはShift-J文字コード) の xlsx形式-> Text形式 (.txt)に変換 -> 文字コードを UTF-8に変換 -> .txtを MySQL databaseに読み込み という部分は作成していました

まあ作成といっても、foreachでループを回して読み込むだけなのですが・・・

今回は折角ですので、自分の勉強のためにもPHPSpreadSheetという Excelファイルを PHPで読み込むライブラリを用いることにしたのです

その部分は案外簡単に Excel file読み込みに成功したのですが、肝腎の MySQL databaseに書き込む SQL文がエラーが出るのです その部分のバグとりが全くうまくいかず 10日間以上を無駄に過ごしてしまいました いや 決して人生において無駄というのは無いでしょう そう思わねばやってらんないよっ

結局その部分を簡略化して出しましょう

try {
  // MySQLサーバへ接続
  $pdo = new PDO( "mysql:host=$db_host;dbname=$db_name_sessions;charset=utf8", $db_user, $db_password );
  // 注意: 不要なspaceを挿入すると' $db_host'のようにみなされ、エラーとなる
} catch ( PDOException $e ) {
  die( $e->getMessage() );
}

for ( $rowNo = 1; $rowNo < 24; $rowNo++ ) {
  $stmt = $pdo->prepare( "SELECT COUNT(*) FROM `doctor_tbls` WHERE `email` = :email;" );
  $stmt->bindValue( ":email", $nnlines[ $rowNo ][ 12 ], PDO::PARAM_STR );
  $stmt->execute();
  $count_same_email = $stmt->fetchColumn();

  if ( $count_same_email < 1 ) { // 既にこのメルアドは登録されているのでスキップ
     $stmt_dr = $pdo->prepare( "INSERT INTO `doctor_tbls` (`english_sirname`, `english_firstname`, `is_male`, `email`, `changed`) VALUES (:enlish_sirname, :enlish_firstname, :is_male, :email, :changed);" ); 
    $stmt_dr->bindValue( ":english_sirname", $nnlines[ $rowNo ][ 1 ], PDO::PARAM_STR );
    $stmt_dr->bindValue( ":english_firstname", $nnlines[ $rowNo ][ 2 ], PDO::PARAM_STR );
    
    if ( $nnlines[ $rowNo ][ 3 ] === 'M' ) {
      $sex = 1;
    } else {
      $sex = 0;
    }
    
    $stmt_dr->bindValue( ":is_male", $sex, PDO::PARAM_INT );
    $stmt_dr->bindValue( ":email", $nnlines[ $rowNo ][ 12 ], PDO::PARAM_STR );
    $stmt_dr->bindValue(":changed", date('Y-m-d H:i:s'), PDO::PARAM_STR);
    
    $flag = $stmt_dr->execute();
    
    if ( !$flag ) {
      echo "<h2 style='color:red;'>Error</h2>";
      $infor = $stmt_dr->errorInfo();
      print_r($infor);
      exit( $infor[ 2 ] );
    }
    
  }
}

これがエラーで書き込めません、色々と試みたのがうまく行きませんので、最後に  print_r($infor)の一行を加えて、SQLエラー出力を行いました

そうすると MySQL error code

SQLSTATE[HY093]

というのが出てくるのです これは検索すると パラメータの数が合わないなのですが、目を更にして見てみてもそんな訳はありません しかし、この 10日間の苦難の末ようやく発見しました

 

VALUES (:enlish_sirname, :enlish_firstname, :is_male, :email, :changed)

この部分で english_ とすべきを enlishとしているのですね このためパラメータの数が合わないため SQL errorとなっていたのです なんだかなあ パカみたい 10日間損した気分 でも自分が招いたものだから仕方ありません

本日はこれから 成田空港に向かいます このエラーを解決したのでポスター・セッション部分のプログラム完成できますね

昨日は東京西病院での院内ライブ

昨日は久しぶりに東京西病院をPCI手技のために訪問しました この病院では 堂前くんが皆を引っ張っておられ、僕も何回か訪れたことがあります とても頑張って来られたのです

前回PCIのために訪問したのは何と 2012/DEC/27でした もう既に6年間経過しているのですね 時の流れに驚きました

カテ室には近郊のインタベの先生方が数名来られ、足利先生に imagingの解説をして頂きながら手技を行わせて頂きました

開始は 14:00過ぎからでしたが、 18:00に終了し、その後 立川駅周辺で会食いたしました 結局自宅帰宅は 12:00 midnightとなり、疲れました

東京西病院には新しい Siemensの Hybrid Systemが導入されたのですが、部屋も広く、マシンのレイアウトも素晴らしく、もちろん画像そのものも奇麗で驚きました この部屋で早くTAVIなどの治療が開始できるようになれば良いですね

昨日は当科としてはじめての ELCA

僕自身とエキシマ・レーザーとのつながりはとても長く、実際にレーザーにより患者さんの治療を行ったのは前任の関西労災病院ででした

ですから、1983年頃でした その頃は Excimer Laserというものは未だ臨床では使用されていなかったように思います やはり当時はその発生には有毒ガスが必要だったからではないでしょうか 従って臨床で使用可能なのは YAGレーザーであり赤外線波長のものであり、熱を発生されるレーザーでした

当時、一人で気管支ファイバー検査を行い、TBLB (Trans-Bronchial Lung Biospy: 経気管支的肺生検)を行ったり、肺がんの診断を行ったりしていました もちろん心臓カテーテル検査の傍らにです 未だ経口気管内挿管下での手技が一般的だった中、いち早く経鼻非気管内挿管で行っていました いやああの頃は自分で論文を色々読んでそれを実践していましたね 進んでいました あの頃の進士の気構えが今は自分にあるのでしょうか?

まあそれは自分自身の問題ですが、昨日は 足利先生にプロクタして頂き、鎌倉としてははじめての ELCAを 4症例に対して行いました 足利先生のご指導が素晴らしく、いずれも合併症無く成功裏に終了しました

自分自身 Eximer Laserを用いたのはもう今から 20年以上前に行われた DMR (Direct Myocardial Revascularization)の治験でです これはエキシマレーザーを左室内心内膜側から心外膜側に向けて発射することにより、直接心内膜側から心筋内に新たな血管を作る、という野心的な治療法でした もちろんターゲットは心筋梗塞近位部の虚血領域です この国際共同臨床試験および日本国内治験は実際に開始されました 鎌倉からも数例登録されましたが、残念ながら途中解析で優位な臨床効果が得られない、ということが判明し、米国を含め全世界で試験が中止となったのです

しかし、ELCAは繰り返すステント内再狭窄や血栓リッチな病変、あるいはディバイス通過不能症例にはとても良いでしょうね また、当院では以前よりたくさんの症例を行っているペースメーカー・リード抜去においても同じレーザーマシンが使用されます というよりも当院では数年前よりリード抜去を行ってきましたので、 ELCAは今更ながら遅い導入でした

ここまで導入が遅れたのは、これまでの僕自身のなんとなく Eximer Laserに対する悪い印象があったからです でもそんな今更根拠の無い印象で新たな治療法を取捨してはいけませんね

未だ足腰立たず

火曜日に伊勢山上飯福田寺の岩山登山をして足腰ガタガタとなりましたが、本日火曜日になっても続いています 特に膝を曲げて座ろうとしたり、立ち上がろうとしたり、あるいは階段昇降 特に階段を降りたり、靴を触ったり そのような動作の時には足の筋肉がとても痛み、また突然痛みのために力が抜けたりするのです

やはり岩山の上り下りに相当な負荷を足腰に及ぼしたようです さらには、上腕そして大胸筋にも来ています

きっとあと数日間は回復に必要でしょう そんな中昨日月曜日は何事も無かったかのように外来診療を朝から行い、多数の新患の患者さんの診療そしてそのままカテーテル検査などを行いました 外国人の方もおられましたね

そして本日はTAVIと経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)の日です AHAのために部下がシカゴに出張ですので、人でも足りません しかしながら頑張りましたよ 僕は二例目のTAVIを術者として行いましたが、腹部大動脈瘤の術後時間がたっており、グラフトは硬化していて伸びません このため、シースの挿入などに相当な苦労をしました 色々な小手先テクニックをその場で考え、それらを次々とアプライしていき、ようやく 16Fr e-sheathを下向大動脈に挿入し、最後は最高のできのTAVIで終了しました ついで行った経皮的僧帽弁接合不全修復システムは超高速で終了し、これら全症例をしかも結構困難なTAVI 2例を含めて 16:00には無事終了したのです

それにしても腰が痛い、足が痛い、

もう足腰ガタガタ

さて、飯福田寺 (いぶたじ)本堂には住職さんが受付として座っておられます そこで一人 500円の入山料を払うのですが、その時に入山に際しての注意事項を事細かに教授して頂きます そのお話を聞いている間に「もうここで辞めて引き返そうかな」と不安になってきます 最近も一人滑落死された 66歳の方がおられたそうです 何しろ僕はそれよりも歳が上ですので、死の危険性はより高いということになりますよね

まずはこの簡単な絵図を見ましょう

絵地図

最初少し山道を登るといきなり鎖を使って登らざるを得ない絶壁が出てきました

油こぼし

そして一番の難関 「岩屋本堂」になります もうここいらへんは本当に転落の危険性が高く、僕はそこまで行きましたが、本堂の絶壁を超えてさらに上に行くことは諦めました 実際にとても恐怖を感じるのです

岩屋本堂

この後さらにこのような滑落の危険性がある岩場が続きます そしてもう足はガクガク 腰はヨレヨレになりながらも何とか手足と尻を使ってそして 可能な限り迂回路を通って全行程を乗り切ることができました 合計2時間かかりましたね 最後は長いながい階段を降りて再び飯福田寺に戻ることができました

最後の階段

本当に疲れましたし、死の危険を感じました 二度と行かないでしょう

結局 飯福田寺に到着したのは 11:45AMぐらいでしたが、それから隠れ家的な蕎麦屋さんでいる「悠庵」で肉そばを頂きました とても美味しかったですね

蕎麦処「悠庵」
松坂肉そば

今週はPCIに明け暮れ、そして行者になった

今週は新たな薬剤溶出性ステント治験や、Impellaを用いたCHIPによる治療、そして外来診療に明け暮れました 本当に忙しく自分の残された貴重な人生としての時間をどんどん費やしてしまいました

本当にこんなことでいいのだろうか? さらには MitraClipによる治療、これは大分と早く治療できるようになり、そんなには自分の人生の貴重な時間を費やしてはいませんが、まあTAVIに関しては既に部下に任しても全く問題ありませんので このような時には関わらないようにしていますし

そして昨日金曜日 11/09は伊勢志摩ライブで術者をさせて頂きPCIをまた行ったのです 何時もは土曜日の朝、あるいは金曜日の遅くに松坂に入るのですが、今年は行者としての修行がありましたので、金曜日午後遅めに松坂に入りました

そしてまずは講演を一つ行い、それから実際の症例治療に移りました 意外にもロータプレーターが必要となりましたが、結果的には満足の行く出来で治療が終了したのです この時点で 16:30ぐらいでしたが、すぐに松坂のホテルに向かい夕食を食べてバタンキューでした やはり疲れが溜まっているのですね

しかししかし結局 2:00AMに覚醒して、それからは一睡もできず本日に至ったのです

さて本日は自分の老境に向いつつある肉体を顧みずに無謀にも行者修行に挑んだのです

ここ伊勢にはものすごい昔から修験者が修行を行う聖域としての山があります 本当の意味での山伏が修行に入る山です その山が現在も残っていて、それは麓のお寺により管理されています その寺は 「伊勢山上 飯福田寺」というお寺であり、まだ40歳前後の住職さんが管理されています 飯福田寺というのはなかなか読めないと思いますが、「いぶたじ」と読みます

僕がこの寺と、その修験の場所を知ったのは、やはり伊勢山に当時は存在していた萎びた蕎麦屋さんに行ったからです それは丁度一年前のことでした

それからこの西暦 701年、つまり 1,300年前に開山した修験の山で少しでも修験者、行者に近付こうと、今日この日を一年間待ったのです